BBTサポートサイト | BUSINESS BREAKTHROUGH

Google public DNSを設定した場合、講義の再生が遅くなる

Google public DNSを設定した場合、講義の再生が遅くなる

BBTの講義配信はAkamaiを使用しており、通常であれば自動的に最適なAkamaiのサーバが選ばれて配信されます。

しかしGoogle public DNSを使用すると最適なサーバが選択されず講義配信が遅くなってしまうことがあります。
快適に受講していただくためにはGoogle Public DNSではなく、プロバイダの指定するDNSに設定することをお勧めします。

*ACMobileにて講義を受講する場合も同様に設定を解除することをお勧めいたします。

Google Public DNSについて

Google Public DNSは世界中に分散されており、北米や台湾のDNSに接続している事があります。
その場合、Akamaiは北米や台湾のサーバに接続しに行ってしまうため、接続距離が伸びてしまいパフォーマンスが低下してしまいます。

Google public DNSがどこに設置されているかは非公開で、接続するサーバも選択できない為、
現在どのDNSを利用しているかもわからないという理由から、講義受講時にはGoogle publicDNSを使用しない事を推奨いたします。

≫ ひとつ前のページに戻る